目指せ!FXでスワップ金利生活

FXのスワップ金利だけで生活するための方法とは どの通貨ペアが良いか

FXでは通貨間の金利差であるスワップポイントを得ることができます。いわゆる金利です。

 

当サイトではこのFXで得られるスワップ金利だけで生活するための方法について分析しています。

 

そもそもスワップポイントとは何か?

FXの利益には通貨ペアの売買によって得られる利益、キャピタルゲインはこの政策金利の違いで価格が形成されているようなものですから、このスワップポイントというのはきわめて重要な利益ということができるのです。

 

ただ、最近の先進各国の中央銀行は米国とイギリスを除いてほとんどの国が積極的な低金利政策を行っていますので、なかなかまともに金利がつく通貨というものが存在しないのが現状となっているのです。

 

為替の相場の上下で利益がコンスタントに出せればそれに越したことはないですが、本来このスワップポイントだけでたべていければこんなに楽な話はありません。

 

しかし、現実を考えますとそうは問屋が卸さないのが現在の為替市場となっているのです。

 

それでも何とか努力して最低限の手間でスワップ金利だけで生活することができないか?そんな夢のようなことをさまざま想定してみましたので、ぜひお読みいただきたいと思います。

 

今スワップ金利の高い通貨ペアとはどれ?

スワップ金利というのは通常二つの通貨ペアを1万通貨購入したときに一晩保有しているともえらる金利のことを言います。たしか50円もらえるよりは120円もらえたほうが断然お得であることは間違いありませんが、よくよく考えて見ますと、通貨は高いものも安いもものもあるわけで、いくらのコストでいくら儲かるのかの比率を考えませんと、正確な費用対効果を見込むことはできないことになります。

 

またレバレッジのかけ方次第でもお得か損かは異なるものとなっていくことになります。

 

さらに我々日本人投資家はすべて円と海外の通貨の組み合わせで物事を考えがちですが、ドルと海外の通貨の組み合わせ、つまりドルストレートのほうはより流動性が高く、スワップポイントになるものもあるのです。このあたりが実は国内の個人投資家が見落としがちなものとなっているのです。

 

ただしドルストレートでこうした高金利通貨との組み合わせと売買した場合、ドル円の上下にも大きな影響を受けることになりますので、外貨同士の通貨ペアというのはかなりややこしい存在になりますし、そもそもの購入コストがいくらなのかを考えるのも結構難しくなってくるのです。

 

通貨ペア

政策金利

1万通貨レバレッジ1倍コスト

スワップ金利(円)

年間想定利回り

NZドル円

2.50%

850千円

77円

3.30%

豪ドル円

3.00%

950千円

55円

2.11%

トルコリラ円

7.50%

465千円

128円

10.0%

南アフリカランド

5.00%

98千円

16円

5.95%

ドルルーブル

12.50%

1,236千円

378円

11.1%

ドルトルコリラ

7.50%

1,238千円

335円

9.87%

(2016年6月時点 各通貨ペアごとにスワップの高いFX業者 SBIFXトレード、サクソバンク証券、外為どっとコムなど)

 

この表で比較してみますと、確かにドルルーブルは金利が爆発的に高いため非常に有利には見えますが、とにかく政治的な影響をもろにうける通貨ペアですから、そのリスクもきわめて大きく、スプレッドも広くなりますし、取引のことを考えるとせいぜいトルコリラが精一杯ということになってくるわけです。

 

トルコリラ円と、ドルトルコリラは投資対効果から考えればいい勝負ですが、ともに外貨の通貨ペアであるリスクから考えれば流動性は乏しくなるもののトルコリラ円を選択したほうがわかりやすいということもいえるわけです。

 

ただ、実需ということを考えますと、機軸通貨である米ドルとトルコリラはユーロとトルコリラの次に流動性がありますが、日本円との流動性はほとんどないに等しく、しかもほとんどのトルコリラ円を売買するトレーダーはスワップ狙いで買いポジションしか存在しないので何かあったときの下落は想像以上というリスクが伴うことは間違いありません。

 

スワップ金利で生きていためにはいったいいくらの原資が必要か?

それでは実際にスワップ金利だけで生きていくとした場合、いくらの原資があれば食べていくことができるようになるのでしょうか?直近の30代前半のサラリーマンの平均年収はほぼ384万程度ですから、それに準ずる金額が確保できれば、十分とはいえないまでもまあなんとか生きていける数字になるといえるわけです。

 

前述の表で、直近ではもっとも効率のいいトルコリラ円を想定してみますと、1万通貨を1ヶ月保有し続けますと3,840円程度のスワップを手に入れられますので100万通貨保有していれば月額384,000円のインカムゲインを得ることができるようになるわけです。

 

年収にしますと460万8000円ということになりますのでまあまあの数字となります。これをレバレッジ1倍で購入するとなれば投資原資は4,650万円必要となるのです。

 

これをレバレッジ5倍で運用するのであれば930万円、10倍ならば465万円、25倍の最大レバレッジならば186万円の原資があれば実現することができることになります。

 

ただし、ここで大きなレバレッジをかけてしまいますとまさかの下落時には非常に大きな含み損を抱えることになりますので、簡単にスワップ分の利益を吹っ飛ばすことにもなりかねず、安全性を考えれば5倍程度のレバレッジがもっとも健全で多少の下落でも耐えられる金額になるといえるのです。

 

できるのであればレバレッジは2倍以内に抑えれればかなりリスクは下がります。

 

そもそも930万も現金を持っているなら苦労しないという声が聞こえてきそうな資産額ですが、ある程度リスク回避をしながらそれなりにインカムゲインを確保しようと思うのであればこのぐらいの証拠金をそろえなくならないということになります。

 

また実際多少は相場が上下しますのでリアルな証拠金としてはこの2倍程度もっていないとまさかのときの下落で強制ロスカットをつけてしまう可能性もありますから、ますます投資としては厳しいものになることが考えられます。かりに年間230万程度を確保するにしても1000万ぐらいの予算がないと厳しいといえそうです。

 

ただ、相場が大きく下落して底値で購入しておけば何もしなくてもお金がころがり込んでくるわけですから、努力の必要のなり利益ということもできるのです。

 

ただ、初めから1,000万円の資金を用意できなくても、スワップ金利で毎年運用益を上げていけば、5年後、10年後にはスワップ金利だけで生活することを可能にするという考えもあります。

 

このあたりについてはリスクとリターンを勘案して投資方法については詳しく見ていきます。

 

FX業者の選定について

店頭FX,ならびに取引所FX業者が提供するスワップポイントというのは金利のはずなのに結構幅のあるものとなっています。

 

取引所FXの場合はくりっく365加盟の会社なら横並びでどこで取引しても同じですが、いまだに取引手数料をとる会社もありますからそこだけは避ける必要があります。

 

では、スワップ金利の高い各通貨ごとにお勧め業者をみていきましょう。

 

トルコリラ(TRY/JPY)

 
最近ではこのトルコリラ円についてはヒロセ通商がコンスタントに120円前後のスワップポイントを提供してくれていますので、トルコリラ円を売買するならばかなりお勧めとなります。またくりっく365やセントラル短資FX、あたりが軒並み100円〜120円ほどのスワップポイントを提示しています。

 

2015年6月よりくりっく365(FXにおける証券取引所のようなもの)でもトルコリラを取り扱うようになり、トルコリラFX市場が活性化しています。

 

FX会社(TRY)

スワップ

スプレッド

取引単位

ヒロセ通商

87円前後

4.9銭

1,000

SBI FXトレード

83円前後

4.8銭

1

GMOクリック証券

(くりっく365)

85円前後

5〜7銭(変動制)

10,000

OANDA Japan

50円前後

12.2銭

セントラル短資

80円前後

8銭〜18銭

10,000

FXTS

65円前後

15銭〜50銭

10,000

(2017年2月時点)

 

トルコリラのFXを取り扱っている会社はなかなか少ないのですが、くりっく365に上場してかなり取引しやすくなりました。

 

上記比較表からも高スワップを狙うのであれば、ヒロセ通商がおすすめです。

 

ただ、2017年1月まではヒロセ通商でスワップが115円ほどあったのですが、トルコリラの暴落等の影響でスワップが下がってしまい、現在は87円前後となっています。

 

また、2016年よりSBI FXトレードもトルコリラの取扱を開始しています。ヒロセ通商がのスワップが下がってきたため、スペックはほぼ同じレベルにまでなっていますので、SBI FXトレードもトルコリラFXにおすすめの口座ですね。

 

では、2017年1月時点でのトルコリラFXのスワップの利回りを計算してみましょう。

 

10,000通貨あたりの1日のスワップが85円として、トルコリラを1TRY30円とすると、年間の利回りは
 
(85円×365日=31,025円)÷(30円×10,000TRY=300,000円)=10.43%
 
スワップが115円あった2016年と比較すると大きく利回りは下がっていますが、それでも高いパフォーマンスを持っています。以前の水準にスワップが戻る可能性も十分ありますが、現時点ではこの水準ですので、ご留意ください。
 
仮に毎月5万円ずつ10.43%の資産に投資し続けた場合、10年後には10,256,070円となります。(投資総額6,000,000円 スワップ4,256,070円)

 

やはり投資対象として魅力のある通貨となっています。

 

くりっく365もスワップは高いのですが、1万通貨からでしか取引ができないという点がデメリットです。

 

少額からコツコツ積み立て投資したい人は店頭業者を選んだほうがいいでしょう。

 

その点、ヒロセ通商SBI FXトレードはスワップも高く、かつ、少額から取引ができます。スプレッドも狭いのでお勧めですね。

 

その他、1通貨から取引ができるOANDA Japanというところもあります。他と比べると少しパフォーマンスが劣るようですね。

 

以上をまとめますと。

 

高スワップで堅実に投資:ヒロセ通商SBI FXトレード
くりっく365ではどうしても取引ボリュームが大きくなりますので、資金が潤沢にない場合はどうしてもレバレッジをかけざるを得なくなり、リスクが高まります。そこで、スワップの金額は多少下がりますが、より堅実に投資したのであれば、ヒロセ通商がおすすめです。1,000通貨から取引ができるので、レバレッジを低く保ちながら、段階的にポジションをとることも可能です。スプレッドも狭いですね。SBI FXトレードなら1通貨から取引ができますので、さらに少額から始めたい人にはおすすめです。

 

取引所取引を重視:GMOクリック証券(くりっく365)
くりっく365は10,000通貨からしか取引ができないので、現在1TRYが40円前後ですので、1取引当たり40万円前後の取引ボリュームになります。くりっく365は手数料が無料で、かつトレードツールも充実しているGMOクリック証券がおすすめですね。
 
1通貨から投資:SBI FXトレード
トルコリラというマイナー通貨でも1通貨から取引ができます。

 

まあ、スワップ金利を得ることが目的であれば、レバレッジをかけずに堅実に投資したほうがいいので、トルコリラは1000通貨から投資できるヒロセ通商にしておくのがいいでしょう。ヒロセ通商を使ったトルコリラの堅実投資法については「トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。」で詳しく書かれていますので参考にしてください。

 

南アフリカランド(ZAR/JPY)

 
次に南アフリカランドについてみてみましょう。

FX会社(ZAR)

スワップ

スプレッド

取引単位

SBI FXトレード

130〜150円

0.99銭〜

1

GMOクリック証券

(くりっく365)

120〜140円

平均0.96銭(変動)

100,000

外為ジャパン

130円

1.4銭

1,000

セントラル短資

130円〜

1.9銭

10,000

DMM.com証券

100円

1.4銭

10,000

インヴァスト証券

120円

1.8銭

10,000

ヒロセ通商

20円

1.4銭

1,000

(2016年6月時点)

南アフリカランドはトルコリラと比較すると取り扱っているFX会社も多いです。

 

上記比較表のスワップの金額100,000通貨あたりの1日のスワップの金額です。

 

現在1ランドを8円と仮定すると

 

(140円×365日=51,100円) ÷ (8円×100,000TRY=800,000円)=6.3%

 

仮に毎月5万円ずつ6%の資産に投資し続けた場合、10年後には8,600,900円となります。(投資総額6,000,000円 スワップ2,600,900円)

 

トルコリラほどではありませんが、6%前後とこちらも高いパフォーマンスがあります。

 

では、どのFX会社を使えばいいのでしょうか。

 

上記比較表を見てもわかる通り、南アフリカランドはSBI FXトレードGMOクリック証券外為ジャパンがスワップが高くなっています。

 

ただ、GMOクリック証券は100,000通貨からしか取引ができないため、資金力が必要です。

 

おすすめSBI FXトレードです。

 

SBI FXトレードなら南アフリカランドも1通貨から投資できます。スワップもトップクラスに高く、スプレッドも狭いです。スプレッドは変動制なのですが、100,000通貨までの注文は固定ですので、スワップ狙いのトレードであれば、気にすることはないでしょう。

 

南アフリカランドの堅実投資法については「南アフリカランドのFX投資で少しずつスワップ収入を得ています【目指せ金利生活】」に詳しく書かれていますので参考にしてください。

 

⇒南アフリカランドFXにおすすめのSBI FXトレード

 

ニュージーランドドル(NZD/JPY)

 
次にニュージーランドドルを見てみましょう。やはり、トルコリラ、南アフリカランドと比較すると、リスクが低くなる分、スワップも低くなります。

FX会社(NZD)

スワップ

スプレッド

取引単位

ヒロセ通商

60円

1.4銭

1,000

インヴァスト証券

(トライオート)

60円

1.7銭

1,000

SBI FXトレード

47円

1.79銭〜

1

セントラル短資

56円

4.0銭

1,000

DMMFX

55円

1.5銭

10,000

外為ジャパン

55円

1.5銭

1,000

GMOクリック証券

(くりっく365)

53円

1.7銭〜(変動)

10,000

(2017年2月時点)

 

ニュージーランドドル円のFXはリスクが比較的低い割にスワップ金利が高いので人気の対価通貨となっています。

 

上記比較表は10,000通貨あたりの1日のスワップ金額なっています。

 

1NZDを60円とすると年間の利回りは

 

(60円×365日=21,900円) ÷ (80円×10,000NZD=800,000円)=2.73%
 
トルコリラや南アフリカランドよりかはやはり下がりますが、堅実な投資に向いている通貨と言えます。

 

上記比較表より、おすすめのFX会社はヒロセ通商となります。
 
スワップが高く、スプレッドも狭く、また1,000通貨からトレードができますので、堅実に投資ができますね。
 
参考:ニュージーランドドルの外貨預金をFXでする方法
 

オーストラリアドル(AUD/JPY)

 
次にオーストラリアドルを見てみましょう。 

FX会社(AUD)

スワップ

スプレッド

取引単位

ヒロセ通商

50円

0.8銭

1,000

SBI FXトレード

40〜44円

0.77銭〜

1

セントラル短資FX

40〜44円

1.02銭

1,000

GMOクリック証券

(くりっく365)

42円

0.7〜1銭(変動)

10,000

インヴァスト証券

(トライオート)

40円

0.9銭

1,000

DMMFX

35円

0.7銭

10,000

外為ジャパン

35円

0.7銭

1,000

(2016年6月時点)

オーストラリアドルの各FX会社のスペックは上記比較表のとおりとなっています。

 

上記比較表は10,000通貨あたりの1日のスワップ金額なっています。

 

1AUDを85円とすると年間の利回りは

 

(50円×365日=18,250円) ÷ (85円×10,000AUD=850,000円)=2.14%
 
2%前半とちょっとスワップ生活を考えている人には低いですね。
 
とはいえ、日本の銀行に預けているよりかは高いです。リスクを勘案して豪ドルから始めてみるのもいいでしょう。

 

豪ドルFXであれば、ヒロセ通商がスペックが高いようですね。

 

参考:オーストラリアドルの外貨預金をFXでする方法

 

ルーブル(USD/RUB)

 
次にルーブルを見てみたいと思います。

 

ルーブルはまだまだリスクが高く、取引もあまり整備されていませんので、お勧めとは言えないのですが、ルーブルもスワップが高いのは事実です。ただ、ルーブル円のFXを取り扱っている業者はなくドルルーブルのFXになります。

 

ドルルーブル(USD/RUB)をとり扱っているFX会社はForex.comです。こちらも1,000通貨から取引ができますので、少額取引も可能です。恐らくトルコリラに匹敵するようなスワップを出してくれるでしょう。

 

このように結構通貨ペアによってスワップポイントを高く提供する顔ぶれが異なりますので、自分で取引したい通貨ペアごとにしっかり事前に調べることが重要となってくるのです。

 

参考:ロシアルーブルの外貨預金をFXでする方法

ブラジルレアル(BRL/JPY)

 
最後にブラジルレアルです。

 

ブラジルレアルは国内情勢が悪化しており、政策金利も14%超とかなりハイリスクな通貨となっています。

 

市場もまだ開発途上ですが、IG証券が2016年4月よりブラジルレアル円のFXの取り扱いを始めました。予想通りスワップも高く、トルコリラに匹敵するほどのパフォーマンスがあるようです。ただ、10,000通貨からの取引になりますので、資金が少ない人にはおすすめできません。

 

詳しくはIG証券がブラジルレアル円のFXを開始!スワップ金利はどれくらい高いのか?の記事を参考にしてください。

 

 スワップ投資 おすすめのFX会社まとめ

以上、高スワップを得るために通貨別におすすめのFX会社を紹介しました。

 

スワップで利益を上げるためにはトルコリラ、NZドル、豪ドル、ともにスワップが高く、1000通貨から取引ができるヒロセ通商がおすすめです。スワップ狙いのFXをするのであればまずはヒロセ通商の口座を準備しておく必要があります。

 

次に南アフリカランドはSBI FXトレードが少額からも投資ができておすすめです。トルコリラも現在はスワップが高いのでトルコリラと南アフリカランドをメインにするのであれば、おすすめです。

 

以上の2社を最低限押さえておけばいいでしょう。

 

かなりハイリスクですが、ロシアルーブルやブラジルレアルに興味があるのであれば、Forex.comIG証券も必要になりますね。ただ、スワップの高さだけを重視するなら、トルコリラで十分かと思います。今後、ルーブルやレアルが高騰すると見込んでいないのであれば無理に手を広げる必要はありません。

 

為替値上がり益も狙いつつ、スワップを得るおすすめ投資法

以上、FX会社が決まったら次は投資法です。

 

投資は自己責任ですので、あくまで参考情報なのですが、スワップ生活を目指すのであれば、スワップも得つつ、時として為替差益も得る投資法がおすすめです。

 

単純に毎月5万円分ずつ証拠金を増やしてポジションを増やしていくのもいいのですが、保有通貨が大きく値上がりしたのであれば、為替差益を得るために少し決済をしてもいいでしょう。

 

逆に大きく値下がりしたのであれば、いつもより多めに買ってもいいでしょう。

 

このように、レバレッジを1倍?3倍程度に抑えつつ、下がったら多めに買い、上がったら少し売りながら、スワップを得るという方法が効果的な投資法と考えています。

 

レバレッジをかけませんので、投資のストレスもほとんどないでしょう。損切りは基本しない方針です。

 

スワップ狙いのFX投資におけるリスクとは?

こうして見てきますと、スワップ狙いのFXもなかなか見所がありそうな気分になってきますが、それでもスワップ金利を獲得する投資法は、やはりFX取引のひとつですから応分のリスクが常に伴うことを理解しておく必要があります。

 

まず、円との通貨ペアで大きなスワップが狙えるものというのは実需がほとんど発生しない、いわば架空通貨ペアとなりますので、ドル円とドルストレートとの組み合わせから生成されているものであり、その二つの通貨の動きで思い切り上下することになるのは覚悟しておく必要があります。

 

しかもほとんどのこうしたスワップ狙いの参加者が買いのポジションを積み上げていますので、大幅に下落する局面では、ほぼ同じようなタイミングで一斉に損切りがはじまり、そもそもの流動性がない中で大幅に下落してしまうことも起こりうるのです。

 

実際豪ドル円、NZドル円、トルコリラ円ではこう咲いたことが比較的頻繁に起こっているのが実情です。したがってポジションを作る時期についてはかなりよく考える必要があると言えるのです。

 

では、スワップ生活実現のために以下のコンテンツにより詳しく記載していますので、参考にしてください。

 

目指せスワップ生活 メニュー

通貨ペア選定

スワップの高いおすすめの通貨ペアについて紹介しています。リスクはあるがリターンの高いトルコリラや南アフリカランドにするのか、堅実にニュージーランドドルにすべきなのか、リスクとリターンを勘案してメインの通貨ペアを決めてください。

 

FX会社選定

FX会社ごとにスワップの金額は大きくことなります。通貨ペアごとに適したFX会社が異なりますので、投資する通貨でもっとも利回りの高いFX会社を選ぶようにしましょう。スワップが高くてもスプレッドが広く、結果として利回りの低いFX会社もありますので、しっかり選定する必要があります。当サイトでは通貨ペアごとにより利回りの高い業者を選定していますので、参考にしてください。

 

スワップ投資法

スワップ生活を実現させるための投資法について紹介しています。異業種の両建てによる方法やドルコスト平均法なども紹介しています。投資は自己責任でお願いいたします。

 

スワップ基礎知識

スワップについての基礎情報です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スワップ投資おすすめFX会社

トルコリラに最適。1000通貨から投資ができスワップも高く、スプレッドも狭い。最近では南アフリカランド、NZドルも高スワップでスワップ投資に力を入れています。 南アフリカランドに最適。トルコリラも取扱を開始し、スワップ通貨が充実。1通貨から投資ができスワップも高い。 GMOクリック証券のくりっく365はトルコリラ、南アフリカランドともに高スワップ。10,000通貨からしか取引が出来ないため、資金力がある方向け。 日本で唯一、ブラジルレアル円FXができる業者。リスクは高いが、高スワップのブラジルレアルに挑戦してみたい方はこちら。

 
TOP 通貨ペア選定 FX会社選定 スワップ投資法 基礎知識