各通貨別おすすめのFX会社について【スワップの高いFX業者の紹介】

各通貨別おすすめのFX会社について【スワップの高いFX業者比較】

スワップ狙いの通貨ペアのお勧めFX会社は、まさに通貨ごとに異なる状況といえます。

 

スワップ金利狙いの場合にはスプレッドももちろん重要ではありますが、プライオリティとしてはスワップ金利自体に注目することとなります。

 

ただし、新興国通貨に関していいますと、驚くほどスプレッドを広く設定している業者もいますので、利益確保の視点からかんがえればそうした業者は避けるべきでしょう。

 

トルコリラ円FX 最適業者選定

トルコリラ円はスワップが大きい業者と小さい業者がはっきりしており、もっとも差の激しい通貨となっています。

FX会社(TRY)

スワップ

スプレッド

取引単位

ヒロセ通商

100円前後

1.9銭

1,000

みんなのFX

100円前後

1.9銭

1,000

GMOクリック証券

(FXネオ)

100円前後

2.9銭

10,000

SBI FXトレード

90円前後

1.89銭

1

GMOクリック証券

(くりっく365)

100円前後

5〜7銭(変動制)

10,000

OANDA Japan

50円前後

12.2銭

セントラル短資

80円前後

8銭〜18銭

10,000

FXTS

65円前後

15銭〜50銭

10,000

(2018年9月時点)

 

上記比較表から高スワップでおすすめはみんなのFXヒロセ通商です。

 

スワップの変動が激しいトルコリラ円FXなのですが、特にヒロセ通商は長年高スワップを維持しており、信頼性が非常に高いです。

 

1,000通貨から投資ができるので、個人投資家にとってはありがたいですね。

 

もっと少額投資で堅実にいくなら1通貨から投資ができるSBI FXトレードがいいでしょう。

 

SBI FXトレードは2016年よりトルコリラの取扱を開始しており、スプレッドも1.89銭と狭く、そして最大のメリットは1通貨から投資ができるという点です。

 

少額からコツコツとスワップ投資をしたい人には最適な口座になっています。

 

参考サイト:トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

 

南アフリカランド円FX 最適業者選定

南アランド円はスワップの金額が小さくみえますが、もともと通貨ペアが10円前後のものですから、費用対効果のきわめて高いスワップ取引となるのが特徴です。したがって国内では結構南アランド円をやられる個人投資家の方もいらっしゃいますが、レンジのときはまったく動かないように見えて、なにかありますと1ランド10円が5円ぐらいになってしまうこともありますので、かなり注意の必要な通貨ペアでもあるのです。(過去では6円が最安値)

 

以下、南アフリカランド円のFXを取り扱っている業者について、100,000通貨ごとのスワップとスプレッドの比較表です。

 

 

FX会社(ZAR)

スワップ

スプレッド

取引単位

みんなのFX

200円前後

1.8銭

1,000

ヒロセ通商

150円前後

1.0銭

1,000

SBI FXトレード

140円前後

0.99銭〜

1

GMOクリック証券

(くりっく365)

140円前後

平均0.96銭(変動)

100,000

外為ジャパン

130円

1.4銭

1,000

セントラル短資

130円

1.9銭

10,000

DMM.com証券

100円

1.4銭

10,000

インヴァスト証券

120円

1.8銭

10,000

 

GMOクリック証券

(FXネオ)

80円前後

1.3銭

100,000

(2018年9月時点)

 

南アフリカランド円のFXはスワップとスプレッドの両方を勘案すると、みんなのFXヒロセ通商SBI FXトレードがおすすめです。

 

特にみんなのFXはランド100,000通貨あたり200円ものスワップ金利を出しており、他社を圧倒しています。まだ2018年から高くなっているだけですので、長期的に高スワップを維持できるかはわかりませんが、現在のところおすすめのFX会社となっています。

 

また、SBI FXトレードは基本スペックが高く、ランド以外でもドル円スプレッド0.29銭と高パフォーマンスを保持しており、FXをするのであれば、持っておきたい口座です。1通貨から取引ができるというのも堅実スワップ投資には嬉しい仕様です。

 

NZドル円(NZD/JPY)

次にNZドル円ですが、利下げが危惧される存在となっています。

 

FX会社(NZD)

スワップ

スプレッド

取引単位

ヒロセ通商

50円

1.0銭

1,000

トライオートFX

20円

1.7銭

1,000

SBI FXトレード

43円

0.99銭

1

GMOクリック証券

(FXネオ)

37円

1.2銭

10,000

セントラル短資

30円

2.0銭

1,000

DMMFX

30円

1.2銭

10,000

外為ジャパン

30円

1.2銭

1,000

GMOクリック証券

(くりっく365)

48円

1.7銭〜(変動)

10,000

みんなのFX

30円

1.0銭

1,000

 

(2018年9月時点)

 

ここでもヒロセ通商がスワップが高く、スプレッドも狭く、おすすめとなっています。

 

豪ドル円(AUD/JPY)

まず最近金利が低下傾向にある豪ドル円については、つい最近まで1万通貨で80円程度のスワップを獲得することができたのですが、いまや50円が最高レベルということになってしまっています。

 

FX会社(AUD)

スワップ

スプレッド

取引単位

ヒロセ通商

50円

0.7銭

1,000

SBI FXトレード

40〜44円

0.59銭〜

1

GMOクリック証券

(FXネオ)

48円前後

0.7銭

10,000

セントラル短資FX

40〜44円

1.02銭

1,000

GMOクリック証券

(くりっく365)

42円

0.7〜1銭(変動)

10,000

トライオートFX

40円

0.6銭

1,000

DMMFX

35円

0.7銭

10,000

外為ジャパン

35円

0.7銭

1,000

みんなのFX

30円

0.6銭

1,000

(2018年9月時点)

 

まず50円が確保できるのがヒロセ通商だけになっています。スワップ投資としての魅力は大分下がってしまっています。

 

できれば50円を切らない業者を選択しておきたいです。

 

各通貨別スワップ最適業者 まとめ

このようにたった4つの高金利通貨ペアを比較してもまったく主要な業者が異なるのが大きな特徴であり、やはり通貨ペアごとに業者をしっかり選択することが重要であることが、わかります。また長期間保有することを考えれば専用の口座を作ってしっかりほかの主要通貨ペア取引と分けて考えることも重要になりそうです。

 

とくにトルコリラと南アフリカランドについてはほかの通貨と差別化されたところが大きいので、明確に口座を分ける必要がありそうです。

 

押さえておきたいところはSBI FXトレードヒロセ通商になってきますね。この2社は押さえておきましょう。

 

各通貨のスワップはTOP記事でまとめていますので参考にしてください。
FXのスワップ金利だけで生活するための方法とは TOPへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

スワップ投資おすすめFX会社

コツコツスワップ派に最適なFX会社です。南アフリカランドに最適。トルコリラも取扱を開始し、高スワップ通貨が充実。1通貨から投資ができるのが魅力。 1000通貨から投資ができスワップも高く、スプレッドも狭い。トルコリラ、南アフリカランド、NZドルも高スワップでスワップ投資に力を入れています。 GMOクリック証券FXネオはスペックの高さでは群を抜いています。スワップも高く、トルコリラ、南アフリカランドともに高スワップ。10,000通貨からしか取引が出来ないため、資金力がある方向け。

 
TOP 通貨ペア選定 FX会社選定 スワップ投資法 基礎知識